バリアフリーリフォーム!補助金が出るのはどんなとき?

介護の味方!バリアフリーリフォーム助成活用の術!

>

介護保険制度を活用しよう!

どんな人が対象?内容は?

バリアフリーリフォームの場合には、介護保険制度の活用が可能です。一定の条件を満たすことで、制度の枠内で補助金を受けることができるため、ぜひ知っておいてほしいものです。

補助金を受ける対象となるのは、介護保険の被保険者のうち、「要支援1〜2」および「要介護1〜5」に該当する人です。「要支援」や「要介護」の認定を受けたい場合には、認定希望者本人の住んでいる市区町村の窓口で申請ができます。申請は本人でも家族でも大丈夫です。

介護保険制度を利用して受けられる補助金の額としては、1人につき工事費の上限額を20万円、うち9割を支給(1割を自己負担)という形に定められています。また、工事費用上限額の20万円の範囲内であれば、補助金を複数回に分けて利用する、ということも可能です。

他のリフォーム助成制度も

ここまで、バリアフリーリフォームの助成対象について、みてきました。ここで紹介した事例は介護保険制度の対象となるものですが、地方自治体によってはさらに独自の助成制度を設けている場合もあるかと思いますので、そちらもぜひ調べてみるとよいでしょう。

また、リフォーム助成制度の他分野についても、介護やバリアフリーに貢献できると思われるものがいろいろとあります。たとえば、地震対策のための工事はリフォーム助成の対象となるものが多くありますが、これは介護される人や介助者の安全という意味でも、暮らしている人全員の安全という意味でも、ぜひおすすめしたいものです。

リフォーム助成制度については、国と自治体の双方が、さまざまな制度を設けています。これらは各自治体や関連省庁のWebページなどで確認できるので、ぜひ利用しやすいものがないかどうか、バリアフリー分野以外もチェックしてみるとよいかと思われます。


このコラムをシェアする

このページのTOPへ