バリアフリーリフォーム!補助金が出るのはどんなとき?

介護の味方!バリアフリーリフォーム助成活用の術!

>

安全で快適な介護のために

バリアフリーリフォーム助成とは?

全国でリフォーム助成の対象になる「王道」の一つが、介護やバリアフリーの分野のリフォームです。トイレや浴室に手すりをつける、床の段差解消を行う、和式トイレを洋式トイレに変更するなどといったものが、助成の対象になります。

介護・バリアフリー分野でのリフォームであれば、介護保険制度の利用が可能です。「要支援1〜2」や「要介護1〜5」と認定された人が居住する住宅でのリフォームであれば、被保険者1人につきリフォーム費用最大20万円まで、うち9割を支給されるという制度を利用できます。

介護保険制度を利用してリフォーム助成を申請する場合、手続きなどについてケアマネジャーに相談するとよいでしょう。申請方法を含め、必要なことについていろいろと教えてくれるかと思います。介護保険制度の対象となるもの以外でも、地方自治体ごとにさまざまな制度があるので、ぜひ検討してみてください。

具体的にはどんな事例が対象?

では、具体的にバリアフリーリフォームの対象になるのはどういった工事でしょうか。内容は多岐に渡りますので、順番に紹介していきたいと思います。

バリアフリーリフォームの対象として真っ先に挙げることができるのが、トイレの改修工事です。老いてきて体が不自由になって最も困る事柄の一つが、用を足すことであるかと思います。ですので、トイレを使いやすいものに変えたり直したりすることは、バリアフリーリフォームとして助成の対象になります。

より具体的には、和式から洋式への交換、扉を引き戸に交換する、介助の人も一緒に入れるための広いスペースを確保する、トイレットペーパーのホルダーを片手で使えるものに替える、段差をなくすといったことが、助成の対象になります。


このコラムをシェアする

このページのTOPへ